神と御旨

神と御旨を考えるブログです。

日本は神側に立てられた国家

日本は神側に立てられた国家

戦後、日本は戦争責任を問われ自虐史観を植えつけられてきました。私たちは戦後の教育を受け、「日本は酷いことをしてきた国」として洗脳されました。しかし、最近はインターネットによって真実が明らかになり、歴史が捏造されたものであることが分かるよう…

なぜ「再臨論」は間違っているのか?

原理講論の「再臨論」から日本の立場を読み解く 「日本は神側に立てられた国家」第11章より 反日の李承晩政権下で書かれた原理講論 最後に、原理講論の第六章「再臨論」の説明の矛盾を修正し、韓国や日本の立場を明確にしたいと思います。ただ、ここに詳細…

再臨主が1920年に誕生された理由とは?

「日本は神側に立てれた国家」第10章より 欧米のキリスト教は選任権としての使命を果たせなかった 神は、1620年にピューリタンたちが新しい信仰の地として求めたアメリカも、その後にサタンの手に堕ちていくのを見たに違いありません。 アメリカ大陸発見以…

緊急摂理!再臨主を迎えるためだった

朝鮮併合とは? 「日本は神側に立てられた国家」第9章より 日本は朝鮮を植民地化したのではなかった 1910年から日本が朝鮮を併合せず、李氏朝鮮時代がそのまま続いていたならば、果たして再臨主が朝鮮半島に誕生することができていたでしょうか? これまで…

驚き!秀吉の朝鮮出兵とは・・・

神の摂理だった! 「日本は神側に立てられた国家」第8章より 先見眼を持ち合わせた秀吉の 判断が日本と朝鮮を救った 豊臣秀吉は、1591年9月に九戸城の戦いを治め天下統一(平定)を果たすと、その翌年の1592年3月には、宇喜多秀家を元帥とする16万の軍勢を朝…

信長・秀吉・家康は再臨型の

サウル・ダビデ・ソロモンだった!? 「日本は神側に立てられた国家」第7章より 日本が神側の選民国家として果たして役割 目から鱗のコペルニクス大転回 かつて、ガリレオが地動説を唱えた時、ローマ教皇庁検邪聖省(異端審問所)が彼を異端として無期懲役の…

メシヤ再降臨準備時代を成したのは

キリスト教でも韓国でもなく日本だった! 「日本は神側に立てられた国家」第6章 「再臨の時のために神が準備した国・日本」より 天皇家と古代イスラエル民族 日本の天皇家は紀元前660年、神武天皇が大和平定に成功し、即位した日2月11日建国記念の日から始…

日本のルーツは古代イスラエル?

「日本は神側に立てられた国家」第5章より 戦後の日教組左翼教員による、自虐史観に染まった現代の日本国民には、日本人として生まれたことを恥ずかしく思う気持ちは大なり小なりあるのではないでしょうか。アメリカ、中国、韓国、北朝鮮、ロシアによる、反…

文先生は本当は「親日家」であった (2)

「日本は神側に立てられた国家 第4章(2)より 国家的側面から見た場合に、 日本の国がアダム国家に対応するエバ国家の位置にあったとするならば、先生の一瞬の疑い、一瞬のその悩み、一瞬の苦労をかけてはいけないという観念を持たなければならない。堕落…

文先生は本当は「親日家」であった!(1)

「日本は神側に立てられた国家」第4章(1)より戦争は誰が先に始めたかと言うと、世界的なサタン側である枢軸国家が始めた。 サタン的エバ国家である日本が韓国を中心として東洋を占領。大東亜共栄圏は神の理想を先取って、その理想を実現しようと思って出…

メシヤを迎えるための国家基準とは?

「日本は神側に立てられた国家」第3章より ヤコブは勝利するために天使を屈服させている。それから エサウを屈服させた勝利圏を持って、そこにおいて新しい神の管轄基盤を広めて、イスラエル民族とユダヤ教の基盤において選別した圏をつくって国家基準を準…

日本が朝鮮に再臨主を迎える基盤を整えた!?

「日本は神側に立てられた国家」第2章より 私も文先生から祝福を頂いている身ですから、主の国である韓国を尊敬し愛しています。キムチも大好き韓国冷麺はもっと大好きです。ある摂理を担当した時に何度も韓国に行き、各地を巡礼してお祈りもしてきました。…

再臨主は日本に誕生された!?

「日本は神側に立てられた国家」第1章より 長年の御言研究の結果、原理的観点から、”日本はサタンの国”ではなかったことが判明いたしました。それどころか、日本は神が約3000年の歴史をかけて導き準備を重ね、最も必要とし頼りとされる”神側に建てられた国”…