神と御旨

神と御旨を考えるブログです。

お母様の立たれた摂理的位置とは?

 「御言と原理で読み解く摂理観」より

第五章 (二)

韓女史(お母様)の立たれた摂理的位置

1960年に再臨主と結婚された韓鶴子女史は、どのような摂理的な位置付けとなるのでしょうか?  十字架(興南)後の文先生の歩みは、イエス様が十字架から復活した後と同時的な路程になるため、 下記の図に示したように数理的法則としての内容が驚くほど一致しているのが分かります。

聖書にイエス様の再臨は「雲に乗ってくる」と書いてあったためか、再臨主が興南の十字架路程から解放された時に、実際に雲の中にイエス様の姿が現れた写真がアメリカ軍の爆撃機 (B 29)の機内から撮影されています。これは、再臨主の出現を知らせる現象ではなく、イエス様の霊的復活によりキリスト教が出発したように、再臨主を中心として再びキリスト教の蕩減復帰時代が始まったことを象徴する印であったと捉えるべきです。

文先生は十字架から復活された後、朝鮮動乱の只中、東海岸にある興南から西海岸の平壌まで歩いて帰り、そこに40日間留まって以前の弟子たちを訪ねられました。それは、イエス様が十字架から復活した後に40日間、ペテロ等の弟子たちを再び訪ねられたことと同じ摂理的意味がありました。

エス様が十字架に付けられた時、弟子たちが逃げていったので、その集団の中で誰か、先生を信じる人がいなければなりませんでした。金氏(金百文)位置にいる一人を復帰するための条件を立てるには、先生が刑務所から帰ってきた時に、先生に従うメンバーの数が刑務所に入った時と同じでなければなりませんでした、その金氏の役割を果たした人物がいました。それが金元弼でした。そこには3人の女性もいました。(中略)  先生はそのような人数を神側に復帰したので、南韓で霊的な摂理を始めることができました。そこから統一教会が始まったのです。 (「ファミリー1994/5」P40 統一教会史)

南韓で霊的な摂理を始めることができました。そこから統一教会が始まったのです」という御言からは、統一教会キリスト教を蕩減復帰するためためのものとして立てられたものであり、必然的にその時代は実体的な救済ではなく、キリスト教と同じ〝霊的救済圏〝に留まざるを得ないということが分かります。

f:id:nihonwakamigawa:20200430222017j:plain

そして次の摂理として、イエス様の時は、十字架復活後に弟子を訪ねた40日間と、新しい選民圏を出発させるための準備期間10日間を合わせた50日間の後に、地上に聖霊が送られ、ペンテコステが起きています。それが再臨主の時には40日間の弟子を訪ねた期間と、その後の10年間の準備期間となって表れます、即ち、40+10=50 数復帰が成された時の1960年に、聖霊を象徴した立場で韓女史が再臨主の新婦として立たれたのでした。

ここで注意しなければならないのは韓女史が摂理的使命として聖霊を象徴する立場に選ばれたことと、神が本来、再臨主の相対として予定していた復帰されたエバの立場に立つことは、原理的な意味が異なるということです。

1960年の御聖婚式は 神の願った再臨主の本来の結婚式ではなく、地上に新しい選民圏を築くための家庭基盤を作る条件的儀式であったと考えるべきです。それは、これまで述べてきたように、御聖婚の時の韓女史の年齢や、「洗礼ヨハネの妹」ではなかったという事実、そして「原理が分かっていなかった」という御言からも、容易に推し量ることができます。

韓女史御聖婚前の個人路程

本然の祝福は、個人完成(個性完成)をして、神の実子となった者同士が受ける祝福です。1960年の御聖婚当時、個人完成における原理的年齢に満たない17歳で、原理も何も知らない韓女史が第一祝福を完成した本然のエバ(神の真の子女)となっていたということは原理的にあり得ません。さらには大母様も、その夫となる男性も、等しく原罪の中にある人たちなので、その両親の間に誕生した子女も原罪を持っているというのが、当然の結論になります。

韓女史が文先生の娘であったという説を主張する人もいるようですが、真偽は定かでありません。しかし仮にそうであったとしても、本然の結婚を経ない状態における再臨主との性的な関係で、その相手となった女性や生まれた子女が血統転換されるという原理はありません。(詳細は後述)

たとえ神が働いて大母様に聖霊を降ろしたとしても、あるいは天使が受胎告知に現れたとしても、奇跡的に堕落人間の血統を転換し原罪を取り除くことはできません。それができるのであれば、複雑な血統転換摂理など必要なかったはずです。血統転換は厳密な原理原則を通じて成されるしかないのです。

f:id:nihonwakamigawa:20200501091245j:plain

また文先生が神の実子圏に立つメシアであったとしても、その妻となるべき韓女史が公式路程を歩まず原罪を清算しないままでは、本然の御聖婚式は成立しません。したがって、私たちが今日まで、〝真の御家庭〝とお呼びしてきた御一族も、私たちと同じような〝条件的な祝福家庭〝だったといわざるを得ません。

文先生は韓女史が神の真の血統を持っていなかったということ、そして真の血統を持っていない母から誕生した子女も、真の血統にはつながらないことを明言しておられます。

だから、真のお母様の腹の中に入っていても、それは真のお父様の真の愛と真の血統にはまだつながっていないのです。お母様は真の愛と真の血統を持っていません。向こうのほうなのです。(「女性訪韓修練会御言集」P186 真の父母と重生)

復帰されたエバの立場で女性が誕生するのは簡単なことではありません。イエス様が原罪清算の条件を持って誕生されたのは、蕩減復帰原理の歴史的・原理的プロセスを厳密に通って来られたからです。イエス様を誕生させるにあたっては、アブラハム以来の約2000年間にわたって男性を復帰するための歴史的蕩減条件が立てられていました。ヤコブが天使と戦いイスラエルの称号を勝ち取ったことも、兄エソウとの間で長子権復帰したことも、重要な蕩減復帰条件でした。そしてその 条件は最終段階において、エルサレム神殿で祭司の立場にあったザカリヤと、エリサベツ・マリアの信仰基台へと連結されます。その信仰基台の上で、ヨセフ(サタンを象徴)の妻(婚約者)の位置にあったマリヤを、復帰天使長の立場のザカリヤが奪ってくるという蕩減条件を通じて、復帰されたアダム=メシアシップの条件を持った立場でイエス様が誕生したのでした。

実際の歴史ではさらに非常に複雑な復帰路程がありましたが、ここでは省略いたします。

文先生は、復帰されたエバの条件を持った子女がザカリヤ家庭の中で洗礼ヨハネの妹として誕生しなければならなかったと語っておられます。同じように、再臨主の相対となるべき女性が誕生するためには、文先生の氏族的基盤としての「再臨型ザカリヤ家庭と再臨型ヨセフ家庭」が一体となって、復帰されたアダムを誕生させた後に、復帰されたエバを誕生させなければなりませんでした。

しかし残念ながら再臨主の誕生の後、再臨型ザカリヤ家庭に女の子が誕生したという形跡はありません。したがって、復帰されたエバとして、原罪清算の条件を持った(本来的に文先生の相対者となるべき)女性はいなかったことになります。

韓女史は「再臨型ザカリヤ・ヨセフ家庭」とは何ら関係のないところで、1943年に誕生しておられます。年齢的にも相応しくありません。したがって原理的観点から見れば、韓女史には原罪を清算するための準備された環境がなかったことが分かります。

大母様が所属していた腹中教の基盤は、第一次摂理としてのザカリヤ家庭が失敗した後に、蕩減的な意味で必要となった第二次摂理において準備された基盤であって、韓女史を原罪のない子女として誕生させるための教団ではなく、そもそもその条件も有していません。原理的な条件が整っていないのに、韓女史が原罪のない神の「独生女」として誕生することは不可能です。

原理的にはあり得ない「独生女」

聖書に、アダムの肋骨でエバが創造されたと記されているように、堕落女性の血統転換はアダムであるメシアによらなければできないにもかかわらずエバが先に、あるいは一人で、「血統転換された無原罪のエバ」として誕生することは原理的にはあり得ません。

しかし現在、韓女史が家庭連合の信徒たちに語られる内容は、文先生の原理観とはかけ離れたものになってしまっています。その中でも最も深刻な原理的問題として取り上げなければならないのが、韓女史が胎中から血統転換された状態で生まれたという「独生女理論」です。

そのように天は厳しい環境の中で独生子、独生女。私を誕生させるために私の周りの環境を作ってくださいました。(中略) そのように生まれた人が私でした。そのため、サタンは知っていました。この子が生まれることによって、再臨メシアが真の父母になって、自分は永遠に救済不能、死ぬことになるので、この子を殺してこそ私が生きると考えて私を殺そうとしました。ところが、そのサタンと闘って勝ちました。だから今日私がいるのです。 (2016年2月15日 日本公職者研修会でのお母様のお話し 〈要約〉)

この内容について、家庭連合ではあれこれ教義解説をして正当化を試みていますが、原理的観点からはもちろん、論理的にも、とても納得のいくものではありません。そもそも優秀なはずの教学担当者が本気でこの内容を信じているとは、とても考え難いものがあります。真理に向かうのではなく、とにかく自らの立場を守るだけの御用学者になってしまっているのではないかと危惧しております。

また韓女史は下記のように、誰からも教育を受けずに復帰摂理歴史を知ったと語っておられます。

私の歴史の中で環境創造がすでになされていたので、誰も私に語らなくても自分で知ることができました。そのことに異議がありますか?言ったでしょう。 私は幼かったけど復帰摂理歴史を知っていたと。私は誰からも教育を受けませんでした。私はお父様にお会いした時、全てが分かったというのです。環境創造の中で生まれ育ったので、私がしなければならない、私が成就しなければならない使命を知ったというのです。(資料: 2012年陽歴12月25日天正宮)

もちろんこの話も、文先生の御言に真っ向から反対する内容になっています。文先生は次のように語っておられます。

キリスト教が迫害したために、仕方なしに何も知らない十代のお母様を迎えなければならなかったのです。何も知らないお母様を教育して、再びアダムによって作り変えるのです。ですからお母様の背後には血統がなかったのです。親戚関係がいなかったのです。お母様として召される方は、霊的関係が満たされたところから来られるのではありませんか?欠けたところから生まれました。あの女性は家庭も良く、父母も良く、全てを備えているから・・・と、いうようにはいかないのです。(文先生御言選集55」P123 家庭の伝統)

韓女史が文先生に初めてお会いされたのは13歳の時でした。17歳になるまでの四年間では、第一祝福完成(血統復帰)のための成長路程を完遂することは不可能です。男性も女性も、厳密に七年間の復帰原理的な公式路程を歩まなければならないのです。原理も何も分からない状態で、韓女史はいつ、どのようにして女性の歩むべき原理的な公式路程を歩まれたのでしょう。

また前述したように、無原罪の再臨主と、原罪を持ったままの女性が結婚し夫婦関係を持ったとしても、そのことでエバが一瞬の間に血統転換されるという原理はありません。

f:id:nihonwakamigawa:20200430221626j:plain

アダムと夫婦関係を持つことによってアダムの血統に連結されるなどという話は、生物学的にも原理的にも間違った考え方です。文先生は、「夫婦関係は血統的につながりません」と明言しておられます。

愛には縦的愛と横的愛があるのです。父子関係は縦的愛であり、夫婦関係は横的関係です。縦的愛は血統的につながり、夫婦関係は血統的につながりません。(「女性訪韓修練会御言集」P12 真の自分を探しましょう)

人や組織を盲信しないための「御言絶対主義」の時代

今、家庭連合は、「先生が霊界に行ったならば、お母様を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません」という御言を根拠に、お母様に忠誠を誓い、無条件に服従することが正しい信仰であるかのように指導してます。

伝統はただ一つ!真のお父様を中心として!他の誰かの、どんな話にも影響されてはいけません。先生が教えた御言と先生の原理の御言以外には、どんな話にも従ってはならないのです。 今、先生を中心としてお母様を立てました。先生が霊界に行ったならば、お母様を絶対中心として、絶対的に一つにならなければなりません。(「祝福85号」P68 「祝福二世の行くべき道」1994年12月24日 イーストガーデン)

しかし、この御言の前後には次のような内容があります。

〈前〉

今から、地上天国を建設していく中において、きみたちの伝統は、先生の直系の子女たちを中心とした伝統ではなく、ご父母様を中心とした伝統だということを、はっきり知らなければなりません。

〈後〉

今、お母様が行く道は、お父様が今まで立てた御言と説教集を中心として、行かなければならないのです。他の言葉を述べるのを許しません。今度、韓国においても、御言絶対主義をとることができるように措置したのです。どのような御言も、第二の御言を許しません! (「祝福85号」P68 「祝福二世の行くべき道」1994年12月24日 イーストガーデン)

私たちが本当の意味で中心とすべきなのは、人や組織ではなく、文先生の御言に他なりません。現在、家庭連合は、その絶対中心にすべき御言を自分達の都合で改竄し、重要な御言を隠蔽しています。これは、神と再臨主に対する恐ろしい反逆行為として記録されるでしょう。

「御言絶対主義」の時代。スピーチのうまさや、見た目の印象、雰囲気、甘い言葉や正義感、王冠を被った回数・・・というような基準で「人」や「組織」を選ぶのではなく、御言を深く訓読しつつ、そこに示された神と再臨主の真の願いを悟って自らの進むべき道を決めるべきです。

「御言と原理で読み解く摂理観」より

■人気記事・・・「日本は神側に立てられた国家」

明日は、「後継者問題は神の血統を知らなければならない!」です。

お楽しみに!

f:id:nihonwakamigawa:20200418195351j:plain

f:id:nihonwakamigawa:20200418193958j:plain

★いつも応援して下さっている方へ・・・ありがとうございます!

まだ応援していない方は、これからよろしくお願いします!

読み終えて良かったら「ポン!」と応援クリックお願いします! 

  ⇩ ⇩

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

f:id:nihonwakamigawa:20200503174844j:plain

 ★気になる記事は、下記「LINE」をタップして友人に知らせることができます!