神と御旨

神と御旨を考えるブログです。

誰も知らない皇族圏の本当の意味とは?

私たちは皇族圏の意味を分からず唱えていました!

f:id:nihonwakamigawa:20200502074825j:plain

「御言と原理から読み解く摂理観」より

第七章

皇族圏と王族圏の一体化摂理

家庭盟誓の「皇族圏の完成」とは

家庭盟誓の第三番目に「天一国主人、私たちの家庭は、真の愛を中心として四大心情圏と三代王権と皇族圏を完成することをお誓い致します」という皇族圏に関する誓いがあります。この皇族圏とは、原理的にどのような人を指しているのか、文先生の御言を通して整理し解明してみましょう。

以下は、文先生が家庭盟誓を発表された直後の1994年5月、「氏族教会 FAX ニュース83号」に掲載された内容です。

「皇族圏」というのは直系ではなく、地上にカイン的母とカイン的息子を残すということです。聖進の母親も、聖進もそうです。それは何かといえば、カイン圏を皇族圏として設定するということです。弟は復帰された弟の立場に立ち、(カインを)皇族としてもてなすことによって、サタンが讒訴する道理がなくなるということです。サタンが自分の息子だといえる条件がなくなるのです。皇族圏を設定することによって、サタンは存在できなくなるのです。これが重要なことです。これを混乱してはいけません。(中略) 先生の家庭は王の家庭だから、すべてを出して先生の言うとおりにしなければなりません。

この御言によれば皇族圏とは、文先生の正妻(韓女史)から生まれた直系の御子女様ではなく、それ以外の女性から生まれた御子女様とその母親であるということです。聖進様はもちろん、喜進様も、そしていわゆる妾と言われる立場の女性から生まれた御子女様も、それぞれの母親と共に皇族圏に入ります。

一方、正妻である韓女史とその御子女様たちは王族圏であると考えられます。この御言には、アベル的立場にある正妻と御子女様たちがカイン的立場の妾とその御子女様たちを「皇族としてもてなす」ことによってアベル・カインの一体化が勝利し、その結果「サタンが讒訴をする道理がなくなる」「サタンが自分の息子だといえる条件がなくなる」「サタンは存在できなくなる」という、驚くべき摂理内容が明かされています。

この御言は、真のご家庭も祝福家庭も混乱してしまいそうな内容かもしれません。しかし実際に文先生には「六マリヤ」や他にも妾の女性がいましたし、旧約聖書にも記された神の復帰摂理を見ても、常にそういう不思議な立場の女性がいたことも事実です。ザカリヤ家庭ではエリサベツが正妻であり、マリヤは妾の立場でした。そしてイエス様は、マリヤから誕生しています。この復帰摂理を適用するならば、メシヤの使命を持った方は皇族の方におられるとも考えられます。

16万女性訪韓修練会で語られた重大な内容

1994年、日本女性を対象にした16万人の女性訪韓修練会が開催されました。そこで文先生はすべて日本語で御言を語られ、それまで韓国の古い幹部たちも聞いたことがない重大な説明をしておられます。それは歴史の最後に遂行される神の復帰摂理は、正妻を通してなされるのではなく、妾を通して行われるという驚くべき内容でした。そしてそれが「先生の遺言である」と言われたと、参加した人から聞きました。遺言であるならば、聖和後の摂理に関する予言的なメッセージだったとも考えられます。

復帰の時代において、復帰は正妻ではできません。妾を通してしなければなりません。こうなった者を逆にして上がっていくには、正妻ではできません。(先生が右手で「U」のようなしぐさをされる)別の女を通していくのです。分かりますか? イエス様が来られた場合には、別のお母様を選ぶのです。共に生活していた妻を正妻としては迎えません。おばあさんと、お母さんと、三代目がつながらなければならないのです。そういう公式があるのです。でたらめにはできません。(「女性訪韓修練会御言集」P47 真の自分を探しましょう)

転覆して反対に上がるのだから、正妻一人では、二人のことができません。二人が必要です。そして、こういうふうになったのです。(先生が黒板に図を書かれる)

f:id:nihonwakamigawa:20200503223232j:plain

こういうふうに降りていく者が、こういうふうにして行くには、これは正妻ではできません。正妻は、それ本妻というのです。本妻としては上がることができないのです。これが妾、妾です。妾の系統を中心として上がっていくのです。(中略) 堕落の系統から復帰されるには、正妻ではできないのです。分かりますか? 正妻の恩讐の女からです。それは分かりますね? (はい)。だから妾です。妾は正妻をさておいて、二番目のもっと過去より高い愛でもってつなぐのです。そこに、復帰伝統に一致する内容があるのです。それで終末の時には、妾の子供たちが世界を指導していくのです。出世する者がたくさんいるのです。(「女性訪韓修練会御言集」P113・115 蕩減復帰の峠を越えましょう)

これらの御言を深く読み込むことで、なぜ文先生に妾がいたのかという問題に対する摂理的な意味が浮き彫りになってきます。「復帰の時代において、復帰は正妻ではできません妾を通してしなければなりません」ということですから、私たちは文先生の正妻である韓女史とその御子女様ばかりに目を向けていては、摂理の核心を見失ってしまうかもしれないのです。これからは、妾(マリヤ)となった女性たちと、その子供たちにも注目しなければならないということです。

エス様は正妻以外の女性を選んで、三代を連結すべき公式があったというのであれば、再臨主も同じ公式に則った基盤を作られるに違いありません。即ち「三代目」の孫の世代まで皇族圏の基盤を拡大されるはずです。こうした内容の御言を総合的に解析すると、その皇族圏の中にあるお孫様のどなたかがメシヤの使命を持った第四アダムとして立たれ、そこにイエス様も文先生も再臨されるという、神の最終摂理が見えてきます。その第四アダムの時代こそ真の成約時代であり、地上天国が実体的に建設され、私たち祝福家庭も共に公式路程は歩むことで四大心情圏を復帰し本然の祝福の場に立てる希望の時なのです。

次の御言では、アベル圏(直系・王族圏)がカイン圏(傍系・皇族圏)を愛さなければ、天国に入ることはできないと明言されています。

この宿命的な門を経て、天国に行けるのか、行けないのかという問題は、盟誓文第3にある四大心情圏と、三代王権のと皇族圏でございます。アベル圏においてはカイン圏を弟として愛し、サタンを許すことのできる心をもたなければ、天国に入れないという事実を、厳然たる事実として受け入れ、生活舞台にどのような困難があっても、これを実践して得る夫婦でなければなりません。(「第36回御聖婚記念日のお父様の祈祷」1995年4月15日 イーストガーデン)

次の言葉は、氏族メシア運動を出発するにあたり環故郷について説明された内容ですが、ここにも天国に入っていくためには「神様が愛する一番の皇族」を探す必要があることが述べられています。

私たちは、故郷を探し求めていかなければなりません。肉的な故郷は、私が生まれた定州をですが、霊的な故郷はあの世界、神様の心情があるところです。肉的な故郷は横的な故郷ですが、霊的な故郷は縦的な故郷なのです。(中略) 肉の故郷は、自分の生まれた所ですが、霊の故郷は自分が行かなければならない所です。ですから、「霊的故郷は投げ打って、肉的故郷である定州に行こう」と、そう言いません。私をみな忘れてしまい、私の兄弟をみな忘れてしまい、神様を愛せよというのです。神様が愛する一番の皇族を愛せよと霊的故郷では訓示するのです。(「宗族的メシヤ」P148 環故郷と氏族メシヤ 心の永遠なる本郷を探し求めていく方法 )

神が隠し守られている第四アダム 

 16万日本女性訪韓修練会の時、文先生は「70人の妾がいる」と語られたという話を聞いたことがあります。もちろん、これも全く真偽は分かりませんが、一般的に知られている以上の数の妾がおられた可能性は高いのではないかと考えております。もし聖進様が庶子を設けておられるのであれば、その方が第四アダムである可能性も否定できません。

いずれにしても妾は隠され、その子も隠されているとすれば、そのまた庶子となると、大勢の皇族圏の中のどなたがメシヤシップを持って出現されるのかは全く分かりません。かつてマリヤがベツレヘムでイエス様を生んだ時も、神はヨセフ家族をエジプトに避難させサタンの目から隠しておかれました。

主の使いが夢でヨセフに現れていった、「立って、幼子とその母を連れてエジプトに逃げなさい。そして、あなたに知らせるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが幼子を探し出して、殺そうとしている。」 (「マタイによる福音書」第2章13節)

「その時」が来るまでは、神があえて隠しておられる可能性が高く、その場合、私たちがいくら探しても、見つけ出すのは不可能でしょう。したがって、メシヤが誰かを詮索するよりも、成約時代の選民としてメシヤを迎えるための基台を作ることの方に力を注ぐべきです。 イエス様の時も、文先生の時も、メシヤの方から洗礼ヨハネや金百文を訪ねて来られたように、私たちがメシヤを迎える基台を準備していれば、メシヤの方から訪ねて来られるのが原理だと理解すべきです。

成約時代の最終的アベル・カイン

21世紀になって成約時代を迎えた現在、勝利すべき本当のアベル・カインは、王族同士(直系の御子女様同士)ではなく、直系の子女と妾の子女をである皇族との一体化にあるのです。この両者は文先生を父とする同じ家族圏にあります。御言にあるように妾や庶子圏を排除していては復帰の摂理を進めることはできません。そのことを理解した上で、二つの系統の家庭が一体化し、アベル・カインを勝利できるように協助しなければならないのが私たち祝福家庭の立場なのです。

これからは先天時代から後天時代、本然のカイン・アベルの時代へと越えるので、新しい歴史を編成して、重要な時代に入る時であるということを、皆さんは知らなければなりません。 (「平和の主人、血統の主人」P13)

歴史的には、アブラハムの正妻サラと妾ハガルの恩讐、直系の子女イサクと庶子イシマエルの恩讐を越える一体化摂理でもあります。同時にエリサベツとマリヤの失敗の蕩減復帰でもあります。文先生の御家庭にあっても、正妻である韓女史と妾の立場にある女性たちとの間には激しい闘いがあったと、36家庭の婦人から聞いたことがあります。

統一教会におけるキリスト教失敗の蕩減復帰歴史時代は、1960年からの第一次40年路程が2000年までで終了しましたが、正妻と妾・直系の子女と庶子との一体化はできないまま失敗しているため、もう一度その関係が再現される中で蕩減する必要があります。後天時代に入った現在、「本然のカインがアベルの時代へと越える」ための重要な時代に入っているのです。

皇族圏復帰です。皇族というのは、レアを中心とした女と子供とラケルを中心とした女と子供の、両方の愛の敵対関係が残っているのだから、皇族というのはイエス様の直系の子供ではないのです。分かりますか? 堕落した正妻の圏で、神に反対してきたカイン的な者たちが復帰されて、妾が神の方の正妻になるのです。神の正妻になって、妾の立場で、それを慕っていくことによって蕩減復帰になるのです。反対にして帰っていくのです。分かりましたか? (はい) (「女性訪韓修練会御言集」P131 真の父母と重生)

聖書的に見ればイエス様には直系の子供はいないので、「皇族というのはイエス様の直系の子供ではない」とはイエス様の時代のことではなく、「再臨のイエス」として来られた文先生の直系の御子女様が皇族ではないという意味でしょう。

f:id:nihonwakamigawa:20200502075054j:plain

「妾が神の方の正妻になる」ことにより蕩減復帰が成立するので、「反対にして帰っていく」ようになるのです。皇族はマリヤ(妾)から生まれた方であり、直系の子女ではなく庶子がメシヤの使命を持っておられるのだということを、文先生は繰り返し語っておられます。成約時代に入り文先生が聖和された今、新たにメシヤの使命を持った方が地上に現れ、そのメシヤと共に進める人類救済運動が、現在行われなければならない最優先摂理としての〝新氏族メシヤ運動〝なのです。

一代が神様で、二代がアダムでしょう。孫が二つの国の王の愛を受けることのできる赤ん坊として生まれることによって、神様が見えないものと見えるものの、すべての愛の結実を持つのです。その愛を受ける三代は、そのまま地上で完全な種として出てくるのです。分かりますか?

完全な種としてこの地上に蒔かれたので、結婚すればそこでそのまま自動的に、神様の家庭が拡大し公式的に発展するようになっているのです。そのような家庭は、血統が通じているので、神様の生命の要素が自動的に連結されるのです。種が同じなのです。(「祝福家庭18号」P63  第一次入籍のための祝福家庭婦人特別修練会)

この御言では、文先生の三代目の孫が愛の結実を持って誕生するということと、それが既に「完全な種としてこの地上に蒔かれた」ということが説明されています。それが事実であれば、メシヤ(第四アダム=新氏族メシヤ)は今この地上のどこかで世に出る(メシヤ宣言をする)ための準備をしておられる可能性が高いといえます。それは、霊界に行ってしまわれた文先生が再び肉身をもって地上に再臨されることでもあり、私たちにとって、とてつもなく希望的な福音ではないでしょうか。

ここでいう「種」とは、必ずしも精子だけを意味するのではなく、より本質的には「神の真の心情の種」をも意味すると理解すべきです。それこそが「真の血統・神様の生命の要素」であり、そのような心情の種をもって誕生される方が、文先生から見て「三代目の孫として来られる皇族」だと考えられます。したがって「結婚すれば」ということも、男女の性的な関係のことを指すのではなく、第四アダムとして来られるメシヤを中心とした氏族教会で縦的に成長して成される「本然の祝福式」(子羊の婚宴)のことだと受け取るべきでしょう。

「御言と原理で読み解く摂理観」より

■人気記事・・・「日本は神側に立てられた国家」

明日は、「食口が羊とやぎに別れる時代」です。

お楽しみに!

f:id:nihonwakamigawa:20200418193929j:plain

f:id:nihonwakamigawa:20200418193958j:plain

★いつも応援して下さっている方へ・・・ありがとうございます!

まだ応援していない方は、これからよろしくお願いします!

読み終えて良かったら「ポン!」と応援クリックお願いします! 

  ⇩ ⇩

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

f:id:nihonwakamigawa:20200503174844j:plain

 ★気になる記事は、下記「LINE」をタップして友人に知らせることができます!