神と御旨

神と御旨を考えるブログです。

ご要望に応えて受講可能とします。

「日本は神側に立てれた国家」及び「御言と原理で読み解く摂理観」をご紹介致しました。文先生の御言は「暗号」で語られていたことは、すでにご紹介致しました。

お父様の御言の真意は、祝福家庭やご子女様でさえ、理解することは出来ませんでした。御言が暗号で語れていることを前提に解き明かしてみると、お父様は成約時代を見越して巧妙に語れていました。そして、それが今、成約時代の原理「成約原理」として浮かび上がってきたのでした。

f:id:nihonwakamigawa:20200509113840j:plain

たくさんのご要望があったので、今回、特別に関心のある方だけに前編を公開しようと思います。費用はかかりませんし、Web上なので簡単にお試しできます。視聴したい方は、下記にて申し込みをお願い致します。


■成約原理解説 <前編>

・文先生は後継者問題を全く問題にしていなかった!

・文先生のメシヤとして隠された秘密とは?

・説教集の中に隠された「御言の暗号」とは?

f:id:nihonwakamigawa:20200531010918j:plain


1 原理講論の価値

2 文先生の「み言」の解明

3 祝福家庭の原理的位置

統一教会の存在目的と意義part1

統一教会の存在目的と意義part2

統一教会の存在目的と意義part3

7 み旨と摂理


■受講申し込みは下記よりお願いします。

・件名を「受講希望」とし、必要事項と受講動機(なぜ聞いてみようと思ったのか?)を書いて申し込んで下さい。承認されますと、インターネットを通して受講可能となります。気軽にお申し込み下さい!

 

f:id:nihonwakamigawa:20200531010647j:plain

 

最後に、このブログ記事の一覧をご紹介します。

「日本は神側に立てられた国家」目次

①再臨主は日本に誕生された!?


②日本が朝鮮に再臨主を迎える基盤を整えた!?


③メシヤを迎えるための国家基準とは?


④文先生は本当は「親日家」であった!(1)


⑤文先生は本当は「親日家」であった (2)


⑥日本のルーツは古代イスラエル?


⑦メシヤ再降臨準備時代を成したのはキリスト教でも韓国でもなく日本だった!


⑧信長・秀吉・家康は再臨型のサウル・ダビデ・ソロモンだった!?


⑨驚き!秀吉の朝鮮出兵とは神の摂理だった!


⑩緊急摂理!再臨主を迎えるためだった朝鮮併合とは?


⑪再臨主が1920年に誕生された理由とは?


⑫なぜ「再臨論」は間違っているのか?

 

御言と原理から読み解く摂理

①なぜ統一教会は分裂してしまうのか?


②統一教会時代は成約時代ではなかった!

 

③原理講論が記せなかったキリスト教の姿とは?

 

④原理講論の誤り!堕落したキリスト教が神側に立つ原理はない

 

⑤原理講論には書かれなかった無原罪のメシア誕生原理

 

⑥神様の悲痛!誕生以前から分かっていた再臨主の苦難の路程

 

⑦元殿のお墓に隠された秘密とは?

 

⑧氏族基盤が崩れた文先生の苦悩とは?

 

⑨ 祝福は霊的救いだった!(キリスト教と同じ)

 

⑩お母様の立たれた摂理的位置とは

 

⑪後継者問題は神の血統を知らなければならない! 

 

 ⑫御子女様は神の血統ではなかった!

 

 ⑬誰も知らない皇族圏の本当の意味とは?

 

⑭食口が羊とヤギに別れる時代とは?

 

⑮再臨復活された文先生が現れる!

 

 御言はなぜ暗号で語られたのか?

①再臨主はなぜ御言を暗号で語られたのか?(1)

 

②再臨主はなぜ御言を暗号で語られたのか?(2)

 

 

f:id:nihonwakamigawa:20200418193958j:plain

★皆さまにお願いがあります!

ブログはこれで書き終わりましたが、多くの方々に読んで頂きたい記事がたくさんあります。毎日、応援クリックを頂けると嬉しいです。そうすることで、読むことができる人が増えます。よろしくお願いします。

読み終えて良かったら「ポン!」と応援クリックお願いします! 

  ⇩ ⇩

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

f:id:nihonwakamigawa:20200503174844j:plain

 ★気になる記事は、下記「LINE」をタップして友人に知らせることができます!