神と御旨

神と御旨を考えるブログです。

新しい真理を聞かなければ後悔する時が来るかも知れない!

祈祷します。

天のお父様

今、教会は大きく三つに分裂しています。心ある食口は、いずれお互いが理解し、一つになれる日が来ることを望んでいます。しかし、一部の人は自らの保身のため、異議を唱える兄弟に対して「分派」とレッテルをはり非難をする有り様です。天のお父様や文先生はどのようにご覧になっていらっしゃるでしょうか?

ブログ村を開けば、「独生女理論」を揶揄、批判する記事があり、それに対して応酬する記事が現れる、元は同じ活動をして、批判を乗り越え、理解し合おうとなれないことは、天のお父様、本当に心痛いものです。しかし、これは「神の御旨と摂理」が分からないだけであり、これが分かれば、一つに成れる道もあると訴えてきました。

まだまだ「新しい真理」を聞いてくれる人は少ないですが、それでも、この真理を表すために語って下さった天のお父様や蕩減の道だけを歩んで下さった文先生の気持ちを考えると、話さずにおれません。。。

「全ての食口」が聞くべきであり、一人でも多くの兄弟が、神の御旨と摂理を理解し、あなたの心情に通ずることができるようになりますように、願ってやまない次第です。これらの祈りが、心ある食口の胸深くに届きますようにお祈りいたします。

祝福中心家庭、○○の名を通して、ご報告いたします。アージュ

 

それでは記事を書きます。よろしくお願いします!

まず、皆さんに尋ねたいのが、「あなたは、すでに成約原理を聞きましたか?」です!
もし聞いてないならば必ず聞いて下さい。聞けば分かることですが、この真理は「原理講論」を越えた真理であり、神様とお父様が弟子である祝福家庭に直接語ることができなかったものです。

ボタンの掛け違いになりやすいのは、一番の原因は、私たちの思い込みにあるのでは?と私は思うのです。聖書でイエス様が「比喩や譬えでなく、あからさまに語る日が来る」という御言は、特に勘違いするのではないでしょうか。この御言を受けて、文先生の御言はあからさまに語っていると思い込んでしまうのです。

実際はそうではありませんでした。2000年前のイエス様も弟子(祝福家庭)の責任分担に関することは直接表現で御言を語ることが出来なかったように、文先生も私たちに直接表現ではなく、間接表現である比喩や譬えで御言を語られたのでした。

f:id:nihonwakamigawa:20200506184058j:plain

※参照 御言はなぜ暗号で語られたのか?

この成約原理は、この間接表現の御言を解明し整理された「新しい真理」として出てきたものです!

2000年前のキリスト教徒は、神様やイエス様の抱えておられた事情は、2000年後の「統一原理」が理解できて初めて分かることでありました。ですから、神の御旨や摂理を知らなかったとしても当然といえば当然ですよね。

しかし、神様や文先生が抱えておられた事情は、今、私たち生きている現在に存在する「新しい真理」です。この新しい真理を知らずに、この世で生を終えたとしたら、後悔する日が来るだろうと私は思います。

なぜ、真の家庭が三つに分裂しなければならないのか?なぜ「独生女理論」が出てくるのか?その背景を解き明かした、この「新しい真理」は解き明かしております。ですから、分派や本体を問わず全ての食口は聞くべきです。これが理解できれば、分派を越えて一つになることも可能です。その背景が理解できる訳ですから。

多くは語りません、自らの目と耳で、真実を確かめて下さることを願います。。。。。

 

f:id:nihonwakamigawa:20200531010918j:plain


1 原理講論の価値

2 文先生の「み言」の解明

3 祝福家庭の原理的位置

統一教会の存在目的と意義part1

統一教会の存在目的と意義part2

統一教会の存在目的と意義part3

7 み旨と摂理


■受講申し込みは下記よりお願いします。

・件名を「受講希望」とし、必要事項と受講動機(なぜ聞いてみようと思ったのか?)を書いて申し込んで下さい。承認されますと、インターネットを通して受講可能となります。気軽にお申し込み下さい! 

f:id:nihonwakamigawa:20200531010647j:plain

読み終えて良かったら「ポン!」と応援クリックお願いします! 

  ⇩ ⇩

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

f:id:nihonwakamigawa:20200503174844j:plain

 ★気になる記事は、下記「LINE」をタップして友人に知らせることができます!

 

人気記事を読んでみる → こちら